リフォーム作業をDIYで賄えるのでしょうか

近年「DIY女子」なる言葉が出て来る等、DIYをする人が男女問わず増えてきている様に感じます。
以前はDIYも「日曜大工」という様に呼ばれていて、日曜日にお父さんが一生懸命作業するというイメージが有りましたが、今ではそのイメージもなかなか変わってきています。
水回りのリフォーム等は専門知識や専門の道具が必要な為、リフォーム業者に頼むのが良いと思います。
しかし、壁紙を変えたいな、床をフローリングにしたいな、お風呂のタイルを張り替えたいな、お風呂の壁の色を変えたいな等という様にシンプルな作業の場合、リフォーム業者に頼まないでDIYで済まそうと考えるほうが増えているというのです。
では通常リフォーム作業で終える所を、DIYで行う事が出来るのでしょうか。

【クロスの張替え】
例えばクロスの張替えの場合、DIYで必要な物と言えば「のり」「カッター」「雑巾」「ペンキ」または「壁紙」です。
6畳の部屋をクロス張替えをリフォームで立ち向かう場合、4〜5万円陥る事が予想されます。
物によってはもうなる可能性も有ります。
これをDIYで行なう場合、壁紙を買ってきた場合で10,000円前後、ペンキで塗装する場合は15,000円位掛かる事が予想されます。
その他にも刷毛やペンキを取り入れる容器等、道具を揃えると20,000円位掛かる事が予想されます。

【床の張替え】
フローリングにDIY望む場合、道具を取り付けるだけで10,000円前後、フローリング板も安っぽい物なら6畳分で15,000円位で揃えることが出来ます。
クッションフロアに変える場合も、道具が3,000円前後、クッションフロア材で4,000〜5,000円位と安く材料を済ませる事で、10,000〜25,000円位で収める事が出来ます。
無論望ましい材料を使うのであれば、それなりに費用は嵩んでいく事が予想されます。

こう見てみると、リフォーム業者に依頼するよりDIYをした方が費用を抑えられると思いがちですが、慣れてないほうがDIYをしようとした際、材料をミスって購入したり、作業ミスが多発して余分に材料を購入したりと費用が嵩んでしまったという事も考えられます。
また、クロスの張り合わせをミスしたり、接合部分を汚く処理してしまったりと、仕上がりが満足いかない事も多々あると思います。
最初は目立たない部分から心がけるとか、DIYに慣れて行くのが良いと思いますし、無理だと思ったら無理をせずにリフォーム業者に依頼をする方が良いと思いますよ。http://www.arieroos.nl/