赤ちゃんの便秘改善方法

赤ちゃんも便秘の症状があります。
赤ちゃんの便秘が引き起こす症状としては…
・おならのにおいがきつくなる
大人と同様で、便秘気味だとおならのにおいがきつくなることがあります。腸の中に古めかしい便がたくさんたまって掛かることによるものであると考えられます。
・切れ痔
赤ちゃんの皮膚は柔らかく、肛門周辺も弱い力で出血しやすくなっています。便秘によってごつくなり、肛門に力を入れて力んで仕舞うことによって、切れ痔になりやすいと言えます。
では、赤ちゃんの便秘の改善方法についてご紹介していきます。
・ワセリンやベビーオイルで湿らせた綿棒を1~2�p肛門に挿入して刺激する
・糖類下剤による
・お風呂上りや汗をかいた後は、冷ましたお湯や麦茶などを売るようにする
・ベビーマッサージとして、お腹を「の」の字にマッサージやる
この方法でまずは試してみて下さい。それでも5日間排便がない場合は、速やかに小児科で相談すことが大事です。
また、赤ちゃんが便秘にならないように、食事や栄養素にも注目していかなければなりません。
離乳食では、繊維を含む野菜をたくさん取り入れるようにしましょう。殊に便秘には食物繊維の摂取が効果的なので、以下の食材が有効となります。
「野菜」
さつまいも・かぼちゃ・ごぼうなど
「海藻」
ひじき・わかめ・ごぼうなど
「豆類」
納豆・大豆など
「果物」
バナナ・プルーン
また、乳酸菌を用いるヨーグルトを取り入れたりするようにしてみるのもいいかもしれません。
赤ちゃんが便秘にならないために、予防をすることも大事です。予防法としては…というところをお話しする。
「水分摂取」
赤ちゃんの便秘対策には水分量を必ず保つことが重要です。
赤ちゃん用のイオン水なども市販されていますので、こまめに補給してあげるのもいいと思います。
「トイレトレーニングは適切な時期に」
お子様の発達をみて適切な時期にトイレのトレーニングを始めることが大切です。トイレでの排便ができた時はたくさんほめてあげましょう。でなくても5分程トイレに座っていられたらほめて贈るようにする。
「運動の習慣を身に付ける」
日々の運動を習慣づけると腸の動きが良くなります。単に足を移す運動を通して、腸の運動をうながすのも良いでしょう。http://www.yado-koriyama.com/