首イボの対策・メイク、服装、テープ

首イボが出来た場合、体内からも外からも色々対策を行っている人は多いと思います。
しかし即効効果はどうもゼロため、首イボが目立たなくなるまで包み隠すということも必要になります。
そこでここでは真にメイクで押し隠すという方法のご紹介をしたいと思います。
初めてメイクでの隠し方ですが、首イボのあるところにコンシーラをべたっと塗ってある人もいますが、これでは逆に目立ってしまうことも。
まずペン型のコンシーラで首イボの周りを塗り、それを指でイボの中心に向かって叩きながら馴染ませていきましょう。
こうすることでぴたっと付くことが無く、全く自然に目立たなくなります。
その上にパール系の肌色パウダーを使うと、崩れ防止と反射を使用して目立たなくするという両面の効果が得られるのです。
ただしこの方法は、襟などがある服にはコンシーラがつき易いので、襟無しをはおるなど注意が必要となります。
また次に服装で首イボを包み隠すという方法もあります。
例えば冬などはタートルネックを着用するということもできますが、それだけでなく薄手のスカーフなどを上手に利用して首の周りを上手に押し隠すようにしましょう。
最近は紫外線予防や、夏もクーラーなどの冷えを予防するという役割としてもスカーフによる人が多く、普通に使用しても誠に違和感はありません。
季節によってスカーフの生地などを差換える結果、相当オシャレな装いになります。
夏などはレース系などがぴったりです。
ただし刺激があるものを遠ざけるようにしたいので、できれば薄手の綿や絹などの天然素材がおすすめです。
他にも目の錯覚においてすると、首はそのままにしていても胸元に大きなペンダントやブローチなどを塗り付けると視線がそちらに向きます。
それによって首は目立たなく陥るということもあるのです。
ただしネックレスのチェーンなどが首イボにすれてしまう場合は、ブローチにした方がいいかもしれません。
また首イボが首全体に出来ている場合でなければ、ニキビ跡やタトゥーなどを包み隠すために使用する肌色のテープがあるので、気になるところに貼りましょう。
ただしでかいにべたーっとくっつけると、テープにシワが寄り目立ってしまうので、一つずつ狭く切ったテープで少々と貼って押し隠すようにしましょう。
この方法は外出や人と逢うときのみにしておき、思う存分長時間は避けます。https://peraichi.com/landing_pages/view/arishiakashiwa