妊婦さんの食事について

妊娠中は、摂り方に気をつけたい食事のポイントがあります。
普段は気にせず口にしている食材も、妊娠中に妊婦さんが食べたものはお腹の赤ちゃんの栄養になるため、気をつけたい成分やポイントについて知っておくといいでしょう。
「アルコール」
胎盤を通して赤ちゃんに届き、胎児の成長や発達に影響を与える可能性があるため、妊娠中はアルコールは摂らないことが基本です。
「カフェイン」
胎児の発育が阻害される可能性があるため、摂りすぎに注意しましょう。1日にコーヒーなら1.2杯、紅茶なら2.3杯、緑茶なら3.4杯までがカフェイン摂取の目安だ。
「水銀」
魚には食物連鎖によって天然における水銀が取り込まれます。偏った食べ方をした場合、水銀が取り込まれ、胎児の発育に影響を与えることが明らかになっています。そのため、厚生労働省も、次の魚について、妊娠中のキャパシティの基準を定めています。
・ミナミマグロ、マカジキ、ユメカサゴ、キダイなど…1回80gを週2回まで
・キンメダイ、クロマグロ、メカジキ、めばちなど…1回80gを週1回まで
などとなっていますので、注意が必要です。
「食中毒」
食中毒は妊娠中も何より気をつけなければなりません。妊娠中は単に、リステリア菌に感染しやすくなり、胎盤を通して赤ちゃんにも影響が出ることがあり注意が必要です。リステリア菌は塩分にも激しく、冷蔵庫でも繁殖するため、妊娠中は動物性の食材は火を通して採り入れる、食肉加工品、ナチュラルチーズなどの加熱が不十分な食品は加熱するのが鉄則です。食中毒予防としての基本は、調理や食事前に思い切り手を洗い、生野菜や果物もかわいく洗ってから食べましょう。調理器具を衛生的に保つことも大切です。
「ヨウ素」
ヨウ素は摂りすぎると赤ちゃんの甲状腺機能が低下すると言われています。海藻類に数多く含まれ、とにかく昆布に手広く含まれています。日本人の食生活では出汁などで昆布は頻繁に使用するため、許容量を下回るように毎日食べることは避けましょう。
「ヒ素」
ヒ素は健康被害を及ぼす成分ですが、ひじきにおいてあり、妊娠中でなくても大量に食べすぎることは注意が必要とされています。妊娠中は乾燥ひじき5gを週2回までを目安にするようにしましょう。
「ビタミンA」
ビタミンAは普段も妊娠中も必要な栄養素ですが、妊娠初期のビタミンAの摂りすぎは、赤ちゃんの形態異常を引き起こす可能性があると言われているため、決められた推奨量を続けるようにしましょう。おすすめ

手書きの暑中見舞い

今年から社会に出て毎日仕事をがんばっている新入社員のみなさん、梅雨の時期に入りましたがいかがお過ごしですか?緊張の連続で、体調を崩したりしていませんか?梅雨時期は疲れが出てくる頃だ。暑かったり涼しかったりして気温の変化も激しいので、正しい生活を心がけて体調管理をしっかりして下さいね。忙しいと思わず食事がおろそかになってしまいがちだ。忙しくて毎日時間がなく大変という人は、一年中のうち1食でもいいので、栄養バランスのいい和食などの食事を取り入れてください。できることから少しずつ気をつけてみて下さいね。

職場の対人関係はいかがですか?みなさんには上司がいると思います。上司とうまくコミュニケーションはとれていますか?毎日仕事を教えてもらうからこそ、気持ちの好ましい関係でいたいですね。すばらしい間柄だと仕事もスムーズにあおることができると思います。こういう梅雨時期に、みなさんに是非おすすめしたいことがあります。それは上司に暑中見舞いを取り出すことです。毎日顔を合わせている上司に、感謝の思いをこめて暑中見舞いを送ってみませんか?新人から暑中見舞いが送られてきたらとても有難いと思います。このことがきっかけで、上司と会話がはずむようになるかもしれません。お互いの緊張がほぐれて、それが仕事に相応しい影響を与えて受け取るかもしれません。この夏はおもいきって上司に暑中見舞いを出してみましょう。

葉書の作成はパソコンだという人だけでしょう。そんな中、わざわざ手書きで暑中見舞いを作成してみてはいかがでしょうか?字に自信のある人は全部手書きでもかまいません。ほとんど字に自信がない人も「暑中お見舞い申し上げます」の言葉や、コメントを添える時などだけでも、手書きで書くといいと思います。「暑中お見舞い申し上げます」は筆ペンを使うといいですね。とにかく自分の字で書くということが大事だと思います。印刷された字よりも手書きの方が気持ちを秘められるというからです。暑中見舞いは梅雨明けの暑くなる時期に醸し出しするので少々時間はあります。筆ペンの練習を通して、是非手書きで暑中見舞いを作成してください。絶対に喜んでくれる。参照サイト

南京町

神戸の「南京町」は日本三大中華街の1つで、元町や三宮から近いチャイナタウンだ。
神戸の中心地でショッピングを頂き、食事を南京町で採り入れるという人も多いだ。
店内だけではなく、店頭に豚まんや小籠包、ちまき、餃子などたくさん売られているので食べ歩きやる楽しさもある人気のスポットだ。
たくさんの中華レストランがあり、人気店には長い行列ができています。
歩いているだけで食欲がそそられて、おのずと口にしたく至る、そういうカワイイものがたくさん売っています。
中華料理の物珍しい材料や中華雑貨なども選べるため、中国に行った雰囲気の楽しめるおしゃれスポットでもあります。

神戸の中心地、元町駅や三宮駅から徒歩でたどり着けるため多くのツーリストも訪れます。
人気のおしゃれスポット、メリケンパークやハーバーランドにも歩いて通える距離にあるため、セットで巡る人も多いだ。

南京町では、様々なイベントが年間を通じて行われています。
殊に盛大なイベントが「春節祭」だ。
中国では旧正月に花火大会が開催されるなど盛大にお祝い行う。
南京町も旧暦の正月をお祝いやる「春節祭」が行われます。
毎年50万人というツーリストがまわる人気イベントだ。
南京町の中心にいらっしゃる広場では、コンサートが行われたり、獅子舞が舞ったり、太極拳が披露されたり行う。
4月には「興隆春風祭」で伝統芸能の披露があり、9月には「中秋節」で収穫を祝い、12月には「南京町ランターンフェア」があります。
中秋節は旧暦の8月15日に秋の収穫を祝い神様を祀るもので2018年は9月24日になります。
祭壇へ参拝したあと、獅子舞の舞や舞踊、太極拳の披露などが行われます。
ランターンフェアでは、南京町一帯に400以上もの中国提灯をつるしてあたたかな光で南京町をおしゃれに彩ります。
初日には点灯式もあります。
毎月第2金曜には、JA兵庫六甲がプロダクトの直売を行っています。

南京町にはそれぞれ入口に豪華な装飾の門があります。
東には「長安門」、西には「西安門」、南には「南楼門」。
長安門は大理石の重厚な門で、龍の彫刻が彫られています。
西安門は2005年に建てられた最先端門だ。
華やかな雰囲気で記念撮影におすすめです。
南楼門は1982年に建てられた門の中でとりわけ歴史のある門だ。
夜になると門はライトアップ浴びるので昼間とは違う雰囲気を楽しめます。www.businessinfouk.co.uk