Xホースネオは

水撒き用のホースとして注目されているのがXホースネオだ。
普通、水撒きをするときのホースはドラムに巻き取り去るタイプばかりでしょう。
取り扱う時は引っ張って長く伸ばさなければなりませんし、済ませる時も力を入れて巻き取らなければなりません。
何だかホースはねじれてしまって、それを返すのも一苦労だ。
つまり、水撒きをするだけなのに、ホースの処理だけで疲れてしまう。
毎日水やりをしている人にとっては、こういうホースがようやく改善できないかと策するのも無論でしょう。
そこで、それにあわせたのがXホースネオというわけです。
勿論、同じ伸び縮みするアイデアで販売されている類似のホースがあります。
メールオーダーサイトで購入する時には価格だけで選ぶのではなく、その仕組みを敢然とチェックして下さい。
伸び縮み講じるホースの原理を説明ください。
ホースは2層構造になっていて、内側は伸縮性の良いゴムだ。
そして、その外側に蛇腹状になった伸び縮みする繊維でおおわれていらっしゃる。
水を醸し出し始めると、その水圧でゴムが膨らみ、蛇腹が伸びて、結果的にホースの長さが長く達する仕組みだ。
水を止めると、自然と逆の動きになり、ホース自身が自分で短くなります。
つまり、蛇口をひねるだけでホースを伸ばしたり縮めたりすることができます。
片付けのわずらわしさから解放されることになります。
通常のホースはこれだけですが、Xホースネオのもの凄くところは3層構造になっている点だ。
前述の2層の間に保護用のポリエチレンホースが入っています。
これにより内側のゴムの破れを防ぐことができます。
構造上、ゴムが破れてしまうと、伸び縮みすることができなくなり水撒きもできなくなってしまう。
つまり、Xホースネオは耐久性を格段に高めた商品となっているのです。
購入する時に、使い勝手だけではなく耐久性などをチェックすることが大切です。
もちろん、カタログを読んでいるでしょうが、詳細な耐久性についての記述はありません。
口コミサイトやレビューなどを読んで参考にしてください。
外側の繊維質の部分は摩耗にないため、アスファルトの上などで並べると、アッという間に破れてしまいます。
使い方に注意することが大切です。www.infosikh.co.uk